1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料  が格安となります。



☆☆☆Web配信セミナー☆☆☆

~高周波技術の基礎と展開~

『高速回路(Mbps~Gbps級)の実装設計』 



 S220411AW



 ☆☆☆本セミナーは、Zoomを使用して、行います。☆☆☆


開催日時:2022年4月11日(月)10:30-16:30
受 講 料:1人様受講の場合 51,700円[税込]/1名
     
1口でお申込の場合 62,700円[税込]/1口(3名まで受講可能)


 ★本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、
 お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。

 ★インターネット経由でのライブ中継ため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。
 講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

 ★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

新宣伝セミナー日程表
 Web配信(Zoom)セミナー日程表


 ***関連セミナー*** ★Web配信セミナー★『ノイズ対策の重要ポイント~グラウンド/シールド徹底理解』(2022年2月21日(月))

講 師

 

 斉藤成一(さいとうせいいち) 氏 

   SSノイズラボラトリ 代表(博士(工学))

 <略歴>  早稲田大学理工学部を卒業後、電機メーカにて,化学,鉄鋼プラントなどの制御用コンピュータシステムや通信サーバなどの研究・開発を担当し,基盤技術の高速信号伝送やEMCの研究・開発なども幅広く経験する。また,各種事業製品のノイズ問題解決のキーマンとしても活動する。
 2000年に博士後期課程(社会人)にて学位を取得し,その後,高専・大学にて,環境電磁工学の研究指導や高周波回路・通信工学・コンピュータなどの講義を担当する。
 2016年にSSノイズラボラトリを立ち上げ、技術コンサルティングの事業を始める。
学会活動としては,IEEE SPJW General Chairなどを経験し,電気学会では各種のノイズ関連アイソレーション調査専門委員会で長年活動し,現在は電気学会・上級会員,IEEJプロフェショナル。
<主な著書>   「電子機器・装置のノイズ対策入門」単著,オーム社(2020年) / 「無線通信工学の基礎と演習」共著,コロナ社(2014年),等。

 セミナーの概要

 

 高速回路を搭載した最新電子機器の確実な開発に向けて,基礎となる高周波技術を把握してプリント基板/機器の実装設計技術をマスターすることを目的とします。
 高速回路(Mbps~Gbps級)の設計で必要となる高周波技術の基礎をわかりやすく説明するとともに,高速回路実装設計で使える技術へ応用展開します。また,適宜事例を交えて理解度を高めたいと考えています。

 講義項目

 

1 高速回路設計における高周波技術の重要性
 1.1 高速回路の方向性と課題
  1.1.1 高速回路の動向
  1.1.2 高速回路の難しさと解決の鍵
 1.2 正弦波信号とパルス信号に対する設計上の違い
  1.2.1 時間領域と周波数領域
  1.2.2 パルス波形の周波数成分
  1.2.3 スペクトラム合成による波形歪発生の検討


 2 高速回路設計の必要となる高周波技術
  2.1 各種部品の高周波特性
   2.1.1 ストレーキャパシタンスの存在と影響
   2.1.2 ストレーインダクタンスの存在と影響
   2.1.3 コンデンサにおけるストレーインダクタンス
  2.2 伝送線路の等価回路
   2.2.1 集中定数回路と分布定数回路
   2.2.2 伝送線路の構成と特性インピーダンス
   2.2.3 差動信号伝送の基本
  2.3 信号の反射とインピーダンスマッチング
   2.3.1 インピーダンスマッチングの基本
   2.3.2 広帯域と狭帯域のマッチング
   2.3.3 パルス信号の反射のメカニズム(ダイヤグラム解析)


 3 高速回路(Mbps~Gbps級)の実装設計
  3.1 基板やケーブルの特性と高速信号伝送
   3.1.1 立ち上がり時間による影響
   3.1.2 Mbps級高速信号伝送での課題と解決
   3.1.3 Gbps級高速信号伝送での課題と解決
   3.1.4 信号減衰によるジッタの発生とその改善策
   3.1.5 インピーダンスマッチングの厳密化による改善
   3.1.6 差動線路間不平衡によるスキュー発生と改善
   3.1.7 伝送線路を形成する基板グラウンド層の重要性
   3.1.8 クロストークノイズの発生原理と対策
  3.2 伝送シミュレーション技術
   3.2.1 高速信号伝送へのシミュレーション適用
   3.2.2 高速化、複雑化に対応したモデルの生成
  3.3 高速信号の測定技術
   3.3.1 波形測定プローブによる波形歪・ノイズ誘導メカニズム
   3.3.2 TDR測定(伝送線路の各部のインピーダンス測定)


 4 高速回路の電源とグラウンドの実装設計
  4.1 基板における電源とグラウンド
   4.1.1 バイパスコンデンサによるノイズ低減のポイント
   4.1.2 反共振とインピーダンス上昇対策
   4.1.3 ターゲットインピーダンス
  4.2 基板プレーンの役割と共振の影響
   4.2.1 伝送線路としての基板プレーンの役割と問題点
   4.2.2 基板プレーンの共振発生メカニズムと対策の検討
   4.2.3 共振防止のガイドライン




 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領 セミナー 総合日程 
新宣伝 セミナー日程