1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料 56,000円(税別)/1口 が格安となります。


☆☆☆Web配信セミナー☆☆☆

『車載用ステレオカメラの基礎と
 衝突回避、自動運転への適用と今後の課題』



 S201216AW



 ☆☆☆本セミナーは、Zoomを使用して、行います。☆☆☆


Web配信(Zoom)セミナー日程表

   開催日時:2020年12月16日(水)13:00-17:00
  
受 講 料:1人様受講の場合 46,000円[税別]/1名
       
1口でお申込の場合 56,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)


 ★本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、
 お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。

 ★インターネット経由でのライブ中継ため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。
 講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

 ★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

画像認識セミナー日程表  新宣伝セミナー日程表


 講 師

 実吉敬二(さねよしけいじ) 氏
  ITDLab株式会社 代表取締役会長 教授(理学博士)

 <経歴>   昭和56年 東京工業大学大学院 博士課程修了
 昭和56年 東京工業大学大学院 技官
 昭和57年 西独デュイスブルグ大学 研究員
 昭和58年 米国ローレンスリバモア研究所 研究員
 昭和63年 富士重工業株式会社 研究主査
 平成10年 東京工業大学放射線総合センター 准教授
 平成27年 ITDLab株式会社 代表取締役会長
  現在に至る

 セミナーの概要

 

 ステレオカメラを用いて移動体の衝突回避や自動運転を如何に実現するか、実例を交えながら解説する。ステレオカメラは視野が広くてデータの密度も高く、しかも高速で動作するので、周囲にある複数の物体の位置や速度を短時間で検出できる。この特性を生かすことにより衝突回避や自動運転をより複雑な環境の中で実現できる。しかしステレオカメラは取り扱ううえで他のセンサーにはない独特の難しさもある。
 本講義では、ステレオカメラの原理から応用に至るまでを出来るだけ詳しく説明し、ステレオカメラの難しさを克服して、様々な用途に活用するための知識や技術を習得していただく。具体的な事例や実機によるデモも加え、理解を深めていただく。

 

 講義項目

 1 ステレオカメラの概要

 2 ステレオカメラの原理
  2.1 両眼立体視
  2.2 カメラによる実現
  2.3 視差の検出法
  2.4 補正と校正
  2.5 リアルタイム処理

 3 衝突回避への適用
  3.1 必要な性能
  3.2 ステレオカメラの設計
  3.3 立体物の検出
  3.4 白線の検出
  3.5 道路面の検出
  3.6 側壁の検出
  3.7 動く物体との衝突回避

 4 自動運転への適用
  4.1 基本アルゴリズム
  4.2 マップマッチング
  4.3 実証実験

 5 今後の課題
  5.1 他の距離測定器との比較
  5.2 問題点とその解決




 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領 セミナー 総合日程 画像認識 セミナー日程
 新宣伝 セミナー日程