1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料 57,000円(税別)/1口 が格安となります。




『ディープラーニング・データ駆動科学の基礎と防災分野への応用』 




 S200714A


 

  

開催日時:2020年7月14日(火)10:30-16:30

会  場:オーム ビル(千代田区神田錦町3-1)

受 講 料:1人様受講の場合 47,000円[税別]/1名

     1口でお申込の場合 57,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)


画像認識セミナー日程表  
新宣伝セミナー日程表

 

 講 師

 

 宮本 崇(みやもとたかし) 氏 

  山梨大学 工学部 土木環境工学科 スマート社会基盤創造研究ユニット / 地域防災・マネジメント研究センター 准教授(博士(工学))

 <略歴>   2012.3 東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤学専攻博士後期課程 修了
 2011.4-2012.3 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 2012.4-2012.6 イリノイ大学 客員研究員
 2012.7‐2020.1 山梨大学 工学部土木環境工学科 助教
 2020.2~現在 現職
 <専門分野>   データ駆動科学,防災工学,応用数理科学
 <学会>   土木学会 / 日本リモートセンシング学会 / IEEE Computer Society / IEEE Geoscience and Remote Sensing Society
 <主な受賞>   2019年 優秀教員奨励制度 特別報奨 山梨大学大学院工学域
 2017年 優秀講演賞 第22回知能メカトロニクスワークショップ
 2014年 Outstanding Paper Award, Built Environment Project and Asset Management
 2010年 2009年度土木学会応用力学論文賞

 セミナーの概要

 

 

 様々な分野で大きな成果を挙げているディープラーニング技術を代表としたデータ駆動科学的手法は,防災分野においても活用が期待されています.
 本セミナーでは,防災分野への応用を念頭に,ディープラーニングやデータ駆動科学の基本的な考え方や,データ科学分野における近年の研究動向を踏まえた新しいアプローチを紹介します.

 講義項目

 1 データ駆動科学の基礎

  1.1 AI・データ駆動科学概論
  1.2 データ駆動モデルの基礎
  1.3 ニューラルネットワーク

 2 ディープラーニング

  2.1 ディープラーニング概論
  2.2 データ形式に応じたディープラーニング

 3 防災分野におけるディープラーニング・データ駆動科学

  3.1 防災分野とデータ科学
  3.2 災害関連データの不均衡性とその対処
  3.3 近年の研究動向

 4 応用研究事例1:衛星センシングデータからの地震被害検知

  4.1 災害被害と情報収集の現在
  4.2 災害におけるリモートセンシングデータの活用
  4.3 衛星画像からの倒壊構造物の検知

  3.1 防災分野とデータ科学
  3.2 災害関連データの不均衡性とその対処
  3.3 近年の研究動向

 5 応用研究事例2:レーダー雨量計データからの降雨予測

  5.1 降雨予測の現状と課題
  5.2 ディープラーニングによる降雨予測
  5.3 動的モード分解による降雨予測知




 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領  セミナー 総合日程 画像認識 セミナー日程 新宣伝 セミナー日程