1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料 1口(1社3名まで受講可能)でのお申込みは、受講料5 が格安となります。

   


デジタル画像相関法による
2次元
および 3次元表面変位・ひずみ測定


          ―測定の原理と手順,ノウハウ,応用例―


 S200318N

----------------------------------

開催日時:2020年3月18日(水) 10:30-16:00 (10:00受付開始)

会  オームビル(東京都千代田区神田錦町3‐1)
                     【地下鉄】
                        メトロ東西線『竹橋駅』徒歩3分
                        都営三田線・新宿線・メトロ半蔵門線『神保町駅』徒歩7分
                        都営新宿線・メトロ千代田線『小川町駅』徒歩7分
                        メトロ丸ノ内線『淡路町駅』徒歩8分
                     【JR】
                        中央線・山手線・京浜東北線『神田駅』徒歩10分
                        中央線・総武線『御茶ノ水駅』徒歩11分

受 講 料:1人様受講の場合 45,000円[税別] / 1名

     1口でお申込の場合 57,000円[税別] / 1口(3名まで受講可能)

画像認識セミナー日程表  新宣伝セミナー日程表

 講 師


 米山 聡 氏    青山学院大学 理工学部 機械創造工学科 教授



講義項目


       2次元デジタル画像相関法(2D-DIC),複数カメラを利用したステレオ画像相関法
      (Stereo DIC),3次元画像を用いたDVCなどの各種DICを用いた変位測定法の基本原
      理についてまずは説明する.
       次に,データ収集(測定)やデータ解析の手順を示し,ノウハウやコツを説明する.
       さらに,高速度カメラを使った衝撃問題の測定や超高温下での測定,実構造物の測定
      など,実際の測定例などを示す.


  
1. デジタル画像相関法の概要

  
2. デジタル画像と画像処理

  
3. デジタル画像相関法の基本原理
   3.1サブセット
   3.2 評価関数

  
4. サブピクセル分解能での変位の決定
   4.1 輝度値の補間方法
   4.2 サブセットの変形
   4.3 反復計算を用いた変位の決定
   4.4 フィルタリング処理

  
5. ステレオ法
   5.1 3次元座標・変位算出の原理
   5.2 カメラキャリブレーション

  
6. DVC

  
7. ひずみの算出 7.1ひずみの種類
   7.2 各種ひずみ算出方法
   7.3 応力の算出 

  
8. 測定方法
   8.1 試験片の準備
   8.2 撮影
   8.3 データの処理 

  
9. 応用例 
   9.1 き裂
   9.2 破壊パラメータ(応力拡大係数,J積分)
   9.3 高強度鋼
   9.4 実構造物
   9.5 衝撃
   9.6 高温
   9.7 皮膚



 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領  セミナー 総合日程 画像認識 セミナー日程 新宣伝 セミナー日程