1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料 66,000円(税込)/1口 が格安となります。



『電磁界シミュレーションの導入から活用まで
 〜開発プロセスにビルトイン〜』
 



 S240426A




開催日時:2024年4月26日(金)10:00-17:00
会  場:東京都千代田区内の会場を予定
受 講 料:1人様受講の場合 53,900円[税込]/1名
     1口でお申込の場合 66,000円[税込]/1口(3名まで受講可能)


…関連講座…【アンテナ・高周波回路・電磁界シミュレーション講座】


 講 師

 

 小暮裕明(こぐれひろあき) 氏 

    小暮技術士事務所 所長
     技術士(情報工学)/工学博士(東京理科大学)/特種情報処理技術者/電気通信主任技術者(第1種伝送交換)

 <略歴>  1977年 東京理科大学卒業後、エンジニアリング会社で電力プラントの設計・開発に従事
 1988年 技術士国家試験「技術士第二次試験」合格・登録(#20692 情報工学部門)
 1992年 技術士として独立開業 SE教育、電磁界シミュレータ技術指導を開始
 1998年 東京理科大学大学院博士課程(社会人特別選抜)修了、工学博士
 2004〜2017年 東京理科大学講師(非常勤)コンピュータネットワーク他を担当
 2014〜2017年 拓殖大学工学部講師(非常勤)電気磁気測定 担当
  現在、技術士として技術コンサルティング業務、セミナー講師等に従事
 <専門>  電磁界シミュレータ技術指導、小型アンテナ設計支援、SE教育、講演など

 セミナーの概要

 

 ワイヤレスシステムや IoT 機器の設計には,無線通信インフラが欠かせません.またデジタル信号の高速処理で,電子機器から放射される電磁ノイズが問題になっています.これらは電界と磁界が運ぶ電磁エネルギーに因るので,電磁界の理解は避けて通れません.
 電磁気学は難しいといわれますが,計算はパソコンに任せて,結果を評価するポイントを習得すれば,設計・開発のプロセスに十分役立ちます.そこで本セミナーでは,講師が長年携わってきた電磁界シミュレータを用いた高周波回路・無線システムの設計支援の具体的な手順を PC で実演し,導入から活用までの流れと要点を学びます.

 講義項目

 

 1 電磁気と電気の関係
  1.1 高速・高周波と「電界・磁界」
  1.2 直流と交流の電磁界
  1.3 配線路の等価回路の意味とは?


 2 「電圧・電流」から「電界・磁界」へ
  2.1 配線のまわりの電磁界
  2.2 電界とは
  2.3 磁界とは
  2.4 電磁エネルギーとは


 3 高周波技術の基礎を学ぶツール
  3.1 周波数領域の手法
  3.2 時間領域の手法
  3.3 電磁界シミュレータでなにがわかるのか


 4 高周波回路と電磁界…電磁界シミュレーション・デモ
  4.1 配線路を伝わる電磁界
  4.2 空間に漏れ出る電磁界
  4.3 共振する電磁界定在波の発生


 5 高周波技術と電磁波の関わり
  5.1 アンテナのしくみ
  5.2 アンテナのまわりと遠方の電磁界
  5.3 電磁波の種類とその特徴
  5.4 重要な共振現象


 6 高周波技術と電磁界問題の取り扱い
  6.1 EMCと電磁界問題
  6.2 周囲の金属の影響
  6.3 オフィス内無 LANの電磁波


 まとめとQ&A




 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領 セミナー 総合日程 
新宣伝 セミナー日程