R200423
『技術イノベーターのための戦略的技術マネジメント実践講座~自社技術を活用した新たな価値と事業の創造!!』
★技術者、研究者が目指すべき第3のキャリア【技術イノベーター】
 開催日時   2020年4月20日(月) 10:30~16:30
会 場  江東区産業会館  第1会議室
受講料  非会員:55,000円(税込)…昼食・資料付
 会  員:49,500円 (税込)…昼食・資料付
  〇会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
      ★1名様申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
      ★2名様同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(税込)、2人目無料です。
 …会員価格をご希望の場合は、通信欄にセミナー案内の配信方法(E-mail案内、または郵送案内)をお書きください。

  受講申込要領
定 員  30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。 
主 催  株式会社R&D支援センター 

 ※請求書、受講票等は、R&D支援センターより送付いたします。

講 師 株式会社ケミストリーキューブ 代表取締役 / イノベーションコンサルタント  平木 肇 氏
<略歴>
1992年筑波大学を卒業、シャープ(株)入社。エンジニアとして先端電子デバイスの研究開発・製品開発・生産技術開発に取り組む。通産省(当時)主幹の次世代研究プロジェクトに参画。
1999年(株)日本能率協会コンサルティング入社。14年間にわたり、技術経営(MOT)、イノベーションマネジメント、研究開発(R&D)マネジメントを主領域としたコンサルティングに従事。
2014年(株)ケミストリーキューブ設立。 “技術人材の知恵を、価値を創り出す力に変える”をコンセプトとして、ものづくり企業・技術系企業の技術力の強化と人材の開発を支援している。
 受講対象・レベル  製造業・技術系企業の経営者、技術・開発部門長、マネージャー、技術者・研究者、技術戦略・
企画スタッフ、技術者教育の企画担当者、特に、下記の課題認識をお持ちの方。   
 ・技術イノベーターとして必要な能力・技術を学びたい
 ・技術イノベーターを育成したい、そのための教育を行いたい
 ・自社の技術者、研究者のキャリアラダーを再構築したい
 ・R&D現場のイノベーションを生み出す力を高めたい
 ・自社技術を核にしたイノベーション戦略/技術戦略を具体化したい
 習得できる知識 ・技術イノベーターの役割(人材像)、求められるスキルとマインド
・戦略的技術マネジメントの進め方と実践ノウハウ
・技術イノベーター育成の考え方
 趣 旨  技術イノベーターとは、技術革新をおこす人材ではありません。自社技術を活用した新たな価値と事業の創造、すなわちイノベーションに取り組む人材です。技術イノベーターは、従来のマネージャーとスペシャリストとは異なる、技術者・研究者が目指すべき第3のキャリアであり、経営・事業・顧客視点から技術を捉え、イノベーションにつなげる戦略的技術マネジメントの実践における中核的な役割を担うことが求められます。
 本セミナーでは、技術イノベーターに求められるスキルとマインド、さらにはその育成について、(株)ケミストリーキューブが様々なR&D現場のコンサルティングをとおして体系化した戦略的技術マネジメントの実践技法をもとに解説します。 
講義項目 1 変化するR&Dへの期待と技術イノベーター
 1-1 ものづくり企業を取り巻く変化と危機感
 1-2 イノベーションの時代
 1-3 変化するR&Dの役割と現場の悩み
 1-4 R&D自己変革へ向けた着眼
 1-5 技術イノベーターがR&D自己変革の鍵を握る
2 技術イノベーターとは
 2-1 マネージャーとスペシャリスト ~技術者、研究者における2つのキャリア~
 2-2 技術イノベーターは、技術者、研究者が目指す第3のキャリア
 2-3 技術イノベーターの位置づけと役割
 2-4 様々なタイプの技術イノベーター
 2-5 技術イノベーターに求められるスキルとマインド
3 戦略的技術マネジメントの実践技法
 3-1 戦略的技術マネジメントとは何か
 3-2 戦略的技術マネジメントにおける3つの実践モジュール
 3-3 技術の構造化 ~顧客価値を起点に技術を構造的に見える化する~
 3-4 イノベーション構想 ~技術を核にした価値の革新~
 3-5 戦略デザイン ~強い事業へむけた技術・知財戦略~
4 技術イノベーターの育成
 4-1 技術イノベーターは一夜にして育たない
 4-2 基本は経験学習
 4-3 技術イノベーターが育つ組織文化
 4-4 経営者の役割は、評価ではなく支援
 4-5 居心地のよい現状から一歩踏み出し、挑戦する人が報われる会社へ
5 事例の紹介