1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、    

 受講料 66,000円(税込)/1口 が格安となります。



 リチウムイオン電池の
 バインダーについての考え方と
 次世代電池




 S240314NW
----------------------------------

 


本セミナーは Zoomを使用いたします。


開催日時:2024年3月14日(木)13:00-16:30 (12:55受付開始)

受 講 料:1人様受講の場合 51,700円[税込] / 1名

     1口でお申込の場合 66,000円[税込] / 1口(3名まで受講可能)




 講 師


 鈴木 孝典 氏    株式会社スズキ・マテリアル・テクノロジー・アンド・コンサルティング
                    代表取締役社長 技術コンサルタント


            < 略 歴 >
               1986/4 芝浦工業大学 工業化学科卒業
               1986-1989 呉羽化学工業株式会社 PPSプラントスタートアップ
               1989-1993 ポリプラスチックス株式会社(出向) PPSコンパウンド開発、市場開発、技術サポート
               1993-1994 呉羽化学総合研究所 PPSコンパウンド開発、プロセス開発
               1994-1997 呉羽化学本社 PPS市場開発、生産管理
               1997-2005 同上 マネージャー (PVDF市場開発、リチウムイオン電池材料開発、フィルム製造子会
                     社管理、成型技術)   PPS 市場開発、製造管理、技術サポート)
               2005-2011 株式会社クレハ大阪支店 機能材料部長  (PVDF樹脂, バインダー, PPS樹脂, 炭素繊維,
                     活性炭, 制電樹脂,負極材料)
               2011-2012 クレハバッテリーマテリアルズジャパン株式会社 開発担当部長兼品質保証部長 
               2012-2018 アルケマ株式会社 Senior Business development manager for Battery materials
                     兼 Corporate R&D Development manager for Piezoelectric resin.
               2020-   (株)スズキ・マテリアル・テクノロジー・アンド・コンサルティング 代表取締役社長/
                     コンサルタント(PPS, PVDF and LiB materials)


 講義項目

         リチウムイオン電池の材料の中で「バインダー」は4大材料(正・負極活物質、セパレータ、電解液)
        の陰に隠れた存在ですが、4大材料と密接に関わりながら重要な役割を果たし、バインダー無しでは電
        池が出来ないと言われるほどの役割を担っています。そんなバインダーという切り口でリチウムイオン
        電池と次世代電池を眺めてみると色々な事が分かってきます。最近話題のドライプロセス、PFAS規
        制についてもバインダーとの関連を解説致します。 次のような方々にお薦めのセミナーです。

         ・リチウムイオン電池(LIB)についての基礎的な知見を得たいと考えている方
         ・現行リチウムイオン電池のバインダーについて詳しく知りたい方
         ・新聞等でよく見かける次世代電池の概略が知りたい方
         ・次世代電池とバインダーの関係について知りたい方
         ・ドライプロセスについてアウトラインが知りたい方
         ・リチウムイオン電池とPFAS規制の関わりについて知りたい方


 1. リチウムイオン電池市場


 2. リチウムイオン電池とバインダー

   2.1 リチウムイオン電池とはどんな電池か?
   2.2 バインダーの役割
   2.3 なぜPVDF、SBR+CMCなのか

 3. 次世代電池の候補とバインダー

   3.1 リチウムイオン金属負極電池
   3.2 Si系負極材料電池
   3.3 全固体電池
   3.4 ナトリウムイオン電池
   3.5 リチウム硫黄電池(Li-S)
   3.6 リチウム空気電池(Li-Air)

 4. 直近の電池市場の話題

   4.1 ドライプロセス
   4.2 PFASについて



  お1人様      受講申込要領  1口(1社3名まで) 受講申込要領  セミナー 総合日程