R190923
『圧電アクチュエータ・超音波モータの基礎と最新研究事例・応用事例【大阪開催】』
 開催日時   2019年9月2日(月) 10:30~16:30
会 場  大阪産業創造館5F 研修室B
受講料  非会員:49,980円(税込、昼食・資料付き)
 会  員:47,250円 (税込、昼食・資料付き)
  〇会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
      ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
      ★2名様同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)になります。
 …会員価格をご希望の場合は、通信欄にセミナー案内の配信方法(E-mail案内、または郵送案内)をお書きください。

  受講申込要領
定 員  30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。 
主 催  株式会社R&D支援センター 

 ※請求書、受講票等は、R&D支援センターより送付いたします。

講 師 豊橋技術科学大学 機械工学系 准教授(博士(工学))  真下智昭 氏
習得できる
知識
・圧電アクチュエータ,超音波モータの先端研究事例
・圧電アクチュエータ,超音波モータの応用事例
・圧電アクチュエータ,超音波モータの駆動原理や特長などの一般的知識
・マイクロ超音波モータの最新研究成果
・マイクロ超音波モータの抱える課題
・マイクロ超音波モータの応用に関する最近の取り組み
 趣 旨  圧電アクチュエータ・超音波モータは、高エネルギー密度、高精度、高応答、高トルクなどの様々な優れた特長を有しており、次世代のロボットや医療機器などへの応用が期待されています。
 本講では、圧電アクチュエータ・超音波モータの基本原理から、それらの駆動方法および制御方法などをわかりやすく説明いたします。さらに、講師がこれまでに携わってきた多くの種類の圧電アクチュエータ、超音波モータの研究開発経験を含め、設計開発、駆動制御、実験評価のポイントを解説します。
講義項目 1 はじめに
2 駆動原理
 2-1 必要な基礎知識を簡単に
 2-2 圧電アクチュエータの駆動原理
 2-3 超音波モータの駆動原理
3 設計開発手法
 3-1 設計方法,モード解析・動解析・圧電解析について
 3-2 試作方法
 3-3 駆動方法および性能評価方法
4 研究開発事例
 4-1 基礎研究開発
 4-2 ロボット産業への応用
 4-3 メディカル産業への応用
 4-4 その他の圧電・超音波デバイスの展望(学会動向含む)プログラム
5 マイクロ超音波モータの研究開発
 5-1 研究背景
 5-2 マイクロ超音波モータの原理
 5-3 マイクロ超音波モータの研究成果
 5-4 今後の課題や医療ロボットへの応用など
6 おわりに
【質疑応答・名刺交換】