R190830
『MTシステムの基礎と実践講座~即実践に結びつけるために基礎理論から事例を詳解!!~』
 開催日時   2019年8月28日(水) 12:30~16:30
会 場  江東区産業会館 第2会議室
受講料  非会員:49,980円(税込、資料付き)
 会  員:47,250円 (税込、資料付き)
  〇会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
      ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
      ★2名様同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)になります。
 …会員価格をご希望の場合は、通信欄にセミナー案内の配信方法(E-mail案内、または郵送案内)をお書きください。

  受講申込要領
定 員  30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。 
主 催  株式会社R&D支援センター 

 ※請求書、受講票等は、R&D支援センターより送付いたします。

講 師 首都大学東京 産業技術大学院大学 創造技術専攻 教授(博士(工学))  越水重臣 氏
習得できる
知識
1 MTシステムの理解に必要な統計の基礎知識
2 判別のためのMT法に関する知識
3 予測のためのT法に関する知識
4 MTシステムを実務で活用するためのポイント
 趣 旨  品質工学のMT(マハラノビス・タグチ)システムは、AI(人工知能)の分野で「教師あり学習」と呼ばれる機械学習の一手法と言えます。製造業における品質管理や検査はもちろんのこと、判別・診断・予測などを必要とする様々な場面に応用できる汎用性の高いビッグデータ解析手法です。計算も難しくなく実用性が高いことが特徴です。
 本セミナーでは、品質工学のMTシステムを基礎からわかりやすく丁寧に説明し、事例を多く紹介することで実務への応用をイメージできるようにします。
講義項目 1 MTシステムの概要
 1-1 MTシステムの体系
 1-2 MTシステムの適用分野
2 判別のためのMT法
 2-1 MT法の特徴
 2-2 マハラノビス距離とは
 2-4 MT法におけるデータ処理
 2-4 MT法の適用事例、エクセルによる計算デモ
 2-5 【演習】MT法の応用を考える
3 予測のためのT法
 3-1 T法の特徴
 3-2 T法におけるデータ処理
 3-4 T法の適用事例
 3-4 【演習】T法の応用を考える
【質疑応答・名刺交換】