R180981
『自動化設備の開発技術とAI/IoT技術の利用』
 開催日時   2018年9月20日(木) 10:30~16:30 
会 場  江東区文化センター 3F 第1研修室
受講料  非会員:49,980円(税込、昼食・資料付き)
 会  員:47,250円 (税込、昼食・資料付き)
  〇会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
      ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
      ★2名様同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)になります。
 …会員価格をご希望の場合は、通信欄にセミナー案内の配信方法(E-mail案内、または郵送案内)をお書きください。

  受講申込要領
定 員  30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。 
主 催  株式会社R&D支援センター 

 ※請求書、受講票等は、R&D支援センターより送付いたします。

講 師 春山技術士CE事務所 春山周夏 氏
<専門> 生産技術(自動化設備開発・導入)
<略歴>
 2004年 4月 日新電機(株)入社 生産技術担当
 2011年11月 JFE物流(株)入社
 2012年 3月 技術士機械部門登録 機械器具設置業における営業所の専任技術者
 2016年 2月 TDK(株)入社 生産技術担当
 2018年 3月 春山技術士CE事務所 開業
  現在 自動設備開発に関する技術コンサルタントを務める。
<関連学協会>日本技術士会、技術士協同組合、AI/IoT研究会(運営委員)
 受講対象
・レベル
 製造業における生産技術担当者、設備開発担当者、AI/IoTを設備に取り入れようと検討中の方。
 習得できる知識 ・設備開発から導入立上までの手順
・IoT構成要素と事例
・AIの基礎と事例
 趣 旨  近年ますます深刻化する人手不足と技術継承の問題を解決し得る技術としてAI/IoTに注目が集まっています。では生産現場にAI/IoTを導入するのは誰でしょうか?生産技術を担う皆さまです。しかしながら十分な予備知識もなくいきなりAI/IoTを導入することはハードルが高いのではないでしょうか。
 本セミナーでは最終目的を工場全体の完全自動化とし、まずはそこに至るまでのステップを確認します。次に自動化のための技術を学び、最後にAI/IoTについて学びます。あくまでAI/IoTは目的に至るための手段として扱い、完全自動化に至る全工程を俯瞰的に捉えることに主眼を置いています。是非この機会に、皆さまが今どういう状態にあって何をすれば目的が達成されるのか?確認してください。
講義項目 1 はじめに
 1-1 ものづくりの流れと生産技術者の立ち位置
 1-2 自動化レベルについて(自動車の自動運転レベルとの対比)
2 自動化設備開発の流れ(経験業務から実例を交えて解説)
 2-1 設備化の目的を確認しよう
 2-2 工程(作業)を分解する
 2-3 機器構成の検討
 2-4 評価
 2-5 仕様書の作成
 2-6 製作・手配
 2-7 納入・据付・立上
 2-8 協働ロボットを使ったライン事例紹介
3 AI/IoTの活用(自作デモ機を使って解説)
 3-1 なぜAI/IoTが必要か?
 3-2 IoTとは?ビッグデータとは?
 3-3 IoTでつながる設備、情報共有化
 3-4 IoTデモ(ラズベリーパイ)
 3-5 AIの概要
 3-6 AIについてエクセルで学ぶ(機械学習)
 3-7 ディープラーニングとは
 3-8 AI導入ステップ
 3-9 AI導入事例
 3-10 AIとIoT構成