JMS0620
『ミリ波レーダと高周波対応技術の最新動向』
 ミリ波レーダと高周波対応技術について、詳細に解説して頂くことによって、関連業界の方々の今後の事業に役立てていただくことを目的とします。
 開催日時   2018年6月20日(水) 9:55~16:20(受付開始9:25~)
会 場  東京都中央区立総合スポーツセンター4F 第1・2会議室
受講料  1名様 49,800円(税別)、テキスト及び昼食を含む
  受講申込要領
定 員  50名 
主 催  株式会社ジャパンマーケティングサーベイ 

 ※請求書、受講票等は、ジャパンマーケティングサーベイより送付いたします。
◇申し込み方法
 このページの「受講申込要領」から、お申込ください。また、所定事項をご記入の上、メール、またはFAXでお送りいただいてもけっこうです。
 申込書受領後、請求書及び受講証/会場地図を郵送致します。
◇お支払い
 請求書に記載されている弊社指定口座に、請求日の1か月以内にお振込みをお願い申し上げます。
◇キャンセル
 開催日の11日前まで:無料にてキャンセルする事が出来ます。 
 開催日より10日以内:全額申し受けさせていただく事になりますので、代理出席をお勧めいたします。代理出席もご無理な場合はテキストを後日郵送いたします。
◇特記事項
 講演会は受講者数が規定に達しない場合中止する場合があります。 尚、請求書は開催が決定した場合のみ送付いたします。
 会場内では写真撮影、録音、録画を禁止いたします。


講演テーマ/講師 第1講 ミリ波の技術動向と自動車分野への展開 10:00~12:00
 名古屋工業大学大学院 電気・機械工学専攻 教授  榊原久二男 氏
 1 ミリ波技術の概要・応用
  (1)大容量ミリ波通信
    第5世代移動通信(5G)、ミリ波WiFi
  (2)車載ミリ波レーダ
 2 ミリ波技術の動向
  (1)指向性走査方式
  (2)様々な高利得平面アレーアンテナ
  (3)各種アンテナのミリ波応用における課題
 3  システムへの実装技術
  (1)アンテナと高周波回路との一体化技術
    異種伝送路線接続技術
  (2)メタマテリアル技術のミリ波への応用の可能性

 12:00~12:40は昼食

第2講 ミリ波レーダの技術動向 12:40~14:10
  株式会社デンソーテン VICT技術本部 第3技術部 RF技術チーム  生野雅義 氏
 1 ミリ波レーダとは
 2 デンソーテンのミリ波レーダ
 3 ミリ波レーダの技術の動向
 4 今後の展開

第3講 ふっ素系高周波基板材料の技術動向 14:15~15:15
 日本ピラー工業株式会社 AE事業部 プロセス部  石田 薫 氏
 1 ミリ波基板市場の動向
 2 ミリ波基板の要求性能
 3 日本ピラー工業ふっ素基板ラインナップ
 4 日本ピラー工業におけるミリ波のアクティビティ
 5 今後のふっ素基板の展開

第4講 高速・高周波基板を実現する低誘電ポリイミド樹脂接着剤の開発動向 15:20~16:20
 荒川化学工業株式会社 研究開発本部 コーポレート開発部  田﨑崇司 氏
 1 荒川化学工業のご紹介
 2 開発背景
 3 ポリマー設計
 4 新規低誘電ポリイミド樹脂概要
 5 新規低誘電ポリイミド樹脂応用例

※各講演時間に5分程度の質疑応答を含みます。