JMS0613
『EV用ワイヤレス給電の開発動向』
 講師の方々に『EV用ワイヤレス給電の開発動向』等を解説して頂き、本業界に関わる方々の商業上・研究上のお役に立てて頂く事を目的と致します。
 開催日時   2018年6月13日(水) 9:55~16:15(受付開始9:30)
会 場  東京都中央区立産業会館 4F
受講料  1名様 49,800円(税別)、テキスト及び昼食を含む
  受講申込要領
定 員  50名 
主 催  株式会社ジャパンマーケティングサーベイ 

 ※請求書、受講票等は、ジャパンマーケティングサーベイより送付いたします。
◇申し込み方法
 このページの「受講申込要領」から、お申込ください。また、所定事項をご記入の上、メール、またはFAXでお送りいただいてもけっこうです。
 申込書受領後、請求書及び受講証/会場地図を郵送致します。
◇お支払い
 請求書に記載されている弊社指定口座に、請求日の1か月以内にお振込みをお願い申し上げます。
◇キャンセル
 開催日の11日前まで:無料にてキャンセルする事が出来ます。 
 開催日より10日以内:全額申し受けさせていただく事になりますので、代理出席をお勧めいたします。代理出席もご無理な場合はテキストを後日郵送いたします。
◇特記事項
 講演会は受講者数が規定に達しない場合中止する場合があります。 尚、請求書は開催が決定した場合のみ送付いたします。
 会場内では写真撮影、録音、録画を禁止いたします。


講演テーマ/講師 第1講 ワイヤレス給電技術の概要と実用化への課題動向 10:00~12:00
 国立大学法人長岡技術科学大学 電気電子情報工学専攻 助教  日下佳祐 氏
  ・ワイヤレス給電の基本原理
  ・ワイヤレス給電の開発トレンド
  ・ワイヤレス給電の各種要素技術
  ・実用化に向けた課題

 12:00~12:45は昼食

第2講 磁界結合方式によるワイヤレス給電技術とEVへの応用 12:45~14:45
  株式会社ワィティー 代表取締役  保田富夫 氏
  ・国際標準化・規制動向
  ・磁界結合方式ワイヤレス給電技術概要
  ・EV用ワイヤレス給電の要求事項と主な課題
  ・EV用磁界結合方式ワイヤレス給電技術

第3講 位置ずれに強いワイヤレス送電技術 14:45~16:15
 国立大学法人静岡大学 工学部電気電子工学科 教授  桑原義彦 氏
  ・磁気共鳴方式ワイヤレス送電システムの動作原理
  ・フラクタルループとワイヤレス送電への適用
  ・クロスループとワイヤレス送電への適用
  ・試作評価
  ・セニアカーへのワイヤレス送電システム