CMC1107
『車載用LIBの急速充電性能・耐久性とBMS技術』
 開催日時  2018年11月7日(水) 13:20~16:45
会 場  ちよだプラットフォームスクエア 5F 503(東京都千代田区神田錦町3-21)
受講料  50,000円(税込)、資料代含
  … メルマガ登録者は45,000円(税込) / アカデミック価格は25,000円(税込)
*メルマガ登録者のセミナー参加は、申込用紙の備考欄に”メルマガ登録済み”と記載してください。下記のカートへの投入によってお申込ください。 また、FAX申込用紙でお申込の場合は、FAX申込用紙のメルマガ登録の項にチェックをお願いします。

 ★アカデミック価格は、学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目以降はメルマガ価格の半額です。
 ★セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
☆メルマガ登録のご案内☆
 書籍・調査レポートなどの新刊案内、企画セミナーのご案内、シーエムシー・リサーチからの最新ニュースなどをメールでお届けいたします。発行は、原則隔週(2週間に1回)、場合により増刊号を発行いたします。
  受講申込要領
主 催  株式会社シーエムシー・リサーチ 

 ※請求書、受講票等は、シーエムシー・リサーチより送付いたします。

 講 師  菅原秀一 氏  泉化研 代表 … 講演1
 小池哲夫 氏  株式会社EVTD研究所 代表取締役(前日野自動車HV開発部部長) … 講演2
趣旨  今回、リチウムイオン電池システムの制御回路の専門家である小池哲夫氏と手分けして、EVなどのリチウムイオン電池の急速充電をメインテーマに講演することとなった。当初は電池だけの講演内容と言う事であったが、菅原の方から小池氏の講演をお願いした。同氏は日本の車載用電池システム化の創始者であり、菅原とは2008年のNEDO系統連系蓄電システムで、北陸電力(株)に設置した世界初の100kWh蓄電システムにおいて、電池側とシステム側で共同開発にあたった戦友でもある。
 近年のEVの発展は、自動車の運用上不可欠な急速充電、概ね30分以内の実現がキーであった。とは言え、急速充電は電池にとっては大きなストレスの蓄積である。安全性とサイクル寿命を維持した上での実用化は、電池の電気化学と設計の技術向上、更にはバッテリーマネージメントシステムBMSや均等充電回路等の実用化を経て達成された。自動車や電池メーカーの技術ノウハウの問題から、技術内容が公表され難い分野であるが、リチウムイオン電池の基礎特性を踏まえて、このテーマの理解を深めて行きたい。
セミナー
対象者
 ①EV開発に従事している方々
 ②EVの基本的な知識に得たい方々
 ③LiB蓄電池電源に興味を持たれている方々
 ④LiB組電池の制御に興味を持たれている方々
セミナーで
得られる
知識
  ①EVに要求されるLiBに関する知識
 ②LiB蓄電池電源に関する知識
 ③LiB蓄電池電源に必須なBMS及びACBに関する知識
プログラム 講演1『EV、PHV用リチウムイオン電池の特性と急速充電』 13:20~15:20(質疑含)
 1 リチウムイン電池(セル)の基本特性
 セルの電気化学的な構成 正負極電位と端子電圧 電解液、セパレータの機能 セルの構造、円筒、角槽と積層(ラミネート)セル(単電池)、パック(組電池)とモジュール(システム)充放電容量と入出力特性(エネルギーとパワー)安全性との関係
 2 充電と放電、過充電と過放電
 充放電とレート CC充電、CV充電 過充電、過放電と危険性、EV、PHVとHVにおける充放電パターン 発熱と電池システムの冷却、関連事項
 3 EV、PHVのリチウムイオン電池
 走行距離と電池容量(TESLA、NISSAN、TOYOTA、VW)、電力消費率(充電と放電)と“電費“
 4 急速充電と通常充電
 EVの充電 PHVの充電 充電時間と充電率、充電の電流とCレート

講演2『EV に適したLiBの開発とそのBMS及びアクティブCellバランサ』 15:25~16:45(質疑含)
 近年、EVの需要が増し、各自動車メーカの開発が急伸している状況にある。搭載されるリチウムイオン電池(LiB)に求められている要件とLiB 蓄電池電源に必要なバッテリマネージメント(BMS)とアクティブCellバランサ(ACB)について紹介する。
 1 EVに適したLiBの開発
  1.1 電気自動車の課題
  1.2 Li Bに求められる性能機能
  1.3 課題の対応策
  1.4 蓄電装置の設計の考え方
 2 LiB組電池のBMSの開発
  2.1 BMS必要性
  2.2 BMS機能の構成
 3 LiB組電池のアクティブCellバランサ(ACB)の開発
  3.1 各種セル容量バランサ方式
  3.2 各種方式によるACB作動原理
  3.3 効果
 4 まとめ