B180521st
『ゴム・プラスチック材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例~高分子製品の設計・開発や市場クレームなどのトラブル対策に~』 …【2名同時申込で1名無料】対象セミナー
 高分子材料の寿命とは何なのか?どのような方法で予測ができるのか?高分子材料はなぜ劣化するのか?原因は何なのか? 種々ある分析法のうちどれを選択するべきなのか?光劣化・熱劣化・水による劣化・・・etc. 劣化対策に効果的な配合の考え方とは? 
 開催日時  2018年5月21日(月) 10:30~17:00
会 場  東京・品川区大井町 きゅりあん 4F 第1特別講習室
受講料  1名につき48,600円(本体45,000円+税3,600円)、資料・昼食付
  ※会員登録していただけた場合は、46,170円(本体42,750円+税3,420円、資料・昼食付)といたします。
 【キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料 (2名とも会員登録必須、1名あたり定価半額の24,300円)』
 ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
 ※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
 ※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

  ★会員登録とは :セミナー・書籍などの最新情報を主催者からE-MailやDMにてご案内いたします。会員の方は会員価格(定価の約5%割引)にてご利用いただけるなどの特典がございます。お申込み時に「会員登録希望」とお書き添え下さい。主催者より会員登録完了の連絡を差し上げます。(既に会員である方は自動的に会員価格となります)
  受講申込要領
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社…本セミナーは、講師所属団体と競合団体に所属している方のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。 

 ※請求書、受講票等は、サイエンス&テクノロジーより送付いたします。

講師  (一財)化学物質評価研究機構 高分子技術部 課長  仲山和海 氏
得られる
知識
 軟磁性材料の種類、測定方法に関わる一般的な基礎知識を得るだけでなく、磁気特性測定上の留意点を知ることで正しく測定評価するための応用面の知識を得ることも出来る。
 ・軟磁性材料の種類や用途
 ・軟磁性材料の主な磁気特性
 ・軟磁性材料の特性評価方法
 ・軟磁性部品の特性評価方法
趣旨  ゴム・プラスチックを代表とする高分子材料に生じる不具合を抑えて、最大限に活用するために重要となる劣化と不具合、寿命に関する基礎を解説し、劣化や不具合に対する材料ごとの特徴、各種添加剤による劣化対策法について述べる。また、迅速、正確な市場クレーム対応を講ずるための解析、対策までの流れを解説し、実例を交えた解析例を数多く紹介する。
プログラム 1 高分子材料の劣化メカニズム
 1.1 各種劣化因子(熱劣化、光劣化、金属による劣化など)と自動酸化反応
 1.2 劣化により生じる現象やトラブル
 1.3 製品に生じる現実的な劣化現象
2 高分子材料の各種分析法
 2.1 不具合原因究明の手順
 2.2 前処理法
 2.3 材料分析法
   元素分析,分離分析,化学構造解析,形態観察,熱分析
 2.4 劣化分析法 
   FT-IR,DSCによる酸化開始温度,GPC,TG,ESR,NMR,XPS,EPMA
 2.5 分子量及び分子量分布分析法
 2.6 架橋密度の分析・評価法
 2.7 ゴム組成分析法
3 劣化対策
 3.1 劣化対策のアプローチ
 3.2 劣化対策のための劣化原因解析
 3.3 材料選択による劣化対策
 3.4 添加剤の選択による劣化対策
 3.5 対策の検証
 3.6 各種材料の弱点
 3.7 ゴムの劣化対策 
   老化防止剤の機能、効果的な配合例
 3.8 プラスチックの劣化対策
   酸化防止剤、光安定剤、紫外線吸収剤の機能、効果的な配合例
4 促進劣化試験法
 4.1 光劣化(耐候性試験)
 4.2 熱劣化(熱老化試験)
5 寿命評価法
 5.1 寿命の考え方
   機能的寿命と商品的寿命
 5.2 劣化評価と寿命評価の関係
 5.3 寿命評価の流れ
 5.4 寿命評価のポイント
   現実との乖離
 5.5 寿命のばらつき
 5.6 アレニウス法による寿命評価
 5.7 アイリング法による寿命評価
6 劣化解析及び対策事例
 6.1 劣化因子特定のための注意点
 6.2 加硫ゴムの劣化
   a. オゾン劣化
   b. 残存過酸化物によるエチレンプロピレンゴム(EPDM)の劣化
   c. 加硫状態が異なる天然ゴムの劣化挙動
 6.3 プラスチックの劣化
   a. ポリアミドの水中での劣化(加水分解、残留塩素による劣化)
   b. ポリウレタンの光劣化
   c. 二酸化チタンによるポリ塩化ビニルの光劣化
   d. ポリカーボネートの白化(発泡剤による加水分解白化)
   e. 酸化防止剤の添加効果の検証  
    (酸化防止剤の種類、組合せ、添加量の最適化)
 6.4 接着の破壊
   a. 粘性違いの接着剤の剥離
  □質疑応答・名刺交換□

 本セミナーでは、「ゴム・プラスチック材料のトラブルと対策 劣化と材料選択」(著者:大武 義人 出版:日刊工業新聞社)をサブテキストとして用います。本書は当日テキストと共に配布致します。