A190809st
『量子コンピュータ技術入門』 …【2名同時申込で1名無料】対象セミナー
~基礎から最新研究開発動向まで~
~量子コンピュータで何がどこまでできるのか?入門~最新動向・展望とは?~
~因数分解、機械学習、量子化学計算など、数学的問題も高速化!~
★大きな注目を浴びる量子コンピュータ。 従来のノイマン型コンピュータから量子コンピュータへ!
★ビジネス・製造業にどのように展開できるか? 入門~最新動向まで。 材料設計や機械学習にも。

 開催日時  2019年8月9日(木) 10:30~16:30
会 場  東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
受講料  1名につき48,600円(本体45,000円+税3,600円)、資料・昼食付
 ※会員登録していただけた場合は、46,170円(本体42,750円+税3,420円、資料・昼食付)といたします。
 ※S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料…2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円)
 ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
 ※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

  ★会員登録とは :セミナー・書籍などの最新情報を主催者からE-MailやDMにてご案内いたします。会員の方は会員価格(定価の約5%割引)にてご利用いただけるなどの特典がございます。お申込み時に「会員登録希望」とお書き添え下さい。主催者より会員登録完了の連絡を差し上げます。(既に会員である方は自動的に会員価格となります)
  受講申込要領
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社 

 ※請求書、受講票等は、サイエンス&テクノロジーより送付いたします。

講師 (国研)産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門・研究グループ長 川畑史郎 氏
文部科学省 光・量子飛躍フラッグシッププログラムQ-LEAP 量子情報処理・サブプログラムディレクタ
【経歴】
1998年~ 通商産業省 電子技術総合研究所 研究員
2001年~ 産業技術総合研究所 研究員
2005年~ 同 主任研究員
2017年~ 同 研究グループ長
【専門分野】
理論物理(量子情報処理、物性理論、非線形物理、デバイス物理)
【講師WebSite】
https://staff.aist.go.jp/s-kawabata/
趣旨  量子コンピュータに対して近年大きな注目が集められています。量子コンピュータを利用することで、因数分解、機械学習、量子化学計算などのいくつかの数学的問題を従来のノイマン型コンピュータよりも高速に解くことが可能となります。そのため、現在世界規模でハードウェア開発やビジネス展開に向けた激しい競争が繰り広げられています。
 実際今年中に量子超越性(Quantum Supremacy)が実証されるのではないかと期待されています。さらに最近では、近未来に実現可能なノイジーな中規模量子コンピュータNISQ(Noisy Intermediate Scale Quantum computer)とその実用アルゴリズム開発に大きな注目が集められています。しかしながら、誤り耐性機能を搭載した理想的量子コンピュータの実現と商用化のためには最低でも20年以上の長い時間が必要であると考えられています。
 そこで、本セミナーにおいては、量子コンピュータの基礎と最新研究開発動向について紹介を行います。さらに、IBM Q Experienceを用いた量子コンピュータクラウドサービスのデモもお見せし、量子コンピュータのプログラミングや動作について簡単に紹介致します。また、商用化に向けた問題点や技術的課題についても言及し、量子コンピュータビジネスの可能性について参加者の皆様と議論が出来ればと考えています。
得られる
知識・技術
量子コンピュータの基礎知識。量子コンピュータの最新研究開発動向。量子コンピュータの適応可能なビジネス領域。量子コンピュータ商用化のための技術課題。を学ぶことができます。
プログラム 1 量子コンピュータ入門:初級編
 1.1 量子力学
 1.2 量子コンピュータ研究の歴史
 1.3 量子ビット
 1.4 量子チューリング機械
 1.5 量子論理回路
 1.6 量子アルゴリズム
 1.7 量子コンピュータハードウェア
 1.8 量子コンピュータのエラー
2 量子コンピュータ入門:中級編
 2.1 量子エラー訂正とトポロジカル表面符号
 2.2 量子超越性(Quantum supremacy)
 2.3 Noisy Intermediate-Scale Quantum computer(NISQ)
 2.4 NISQ向け量子-古典ハイブリッドアルゴリズム(QAOA、VQE、エラー緩和法など)
 2.5 IBM Q量子クラウドサービスを利用した量子コンピュータプログラミング
3 最新研究開発動向
 3.1 国内外の大型国家プロジェクト
 3.2 ハードウェア開発企業とユーザー企業
 3.3 超伝導量子コンピュータ
 3.4 シリコン量子コンピュータ
 3.5 イオントラップ量子コンピュータ
 3.6 光量子コンピュータ
 3.7 量子クラウドサービス
 3.8 量子コンピュータ用ソフトウェア開発環境・プログラム言語
 3.9 量子化学計算アルゴリズムと産業応用
4 .課題と展望
 4.1 量子コンピュータ商用化のための技術的課題
 4.2 ビジネス展開可能性について
 4.3 まとめ
  □質疑応答・名刺交換□​