A180525st
『EV/PHVのPCU(パワーコントロールユニット)と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向』 …【2名同時申込で1名無料】対象セミナー
 ☆PCU、インバータ、DCDCコンバータ…etc 車載用パワーエレクトロニクスの基礎から技術動向まで幅広く解説
 ☆電気自動車において電力変換を担い、電費に直接影響を与えるPCU(パワーコントロールユニット)。その役割、構成、小型化・高出力化に向けた技術動向やPCUを構成するインバータ、コンバータ等の自動車用パワーエレクトロニクス技術動向等を解説。

 開催日時  2018年5月25日(金) 13:00~16:30
会 場  東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第2講習室
受講料  1名につき43,200円(本体40,000円+税3,200円)、資料付
  ※会員登録していただけた場合は、41,040円(本体38,000円+税3,040円、資料・昼食付)といたします。
 【キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料 (2名とも会員登録必須、1名あたり定価半額の21,600円)』
 ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
 ※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
 ※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

  ★会員登録とは :セミナー・書籍などの最新情報を主催者からE-MailやDMにてご案内いたします。会員の方は会員価格(定価の約5%割引)にてご利用いただけるなどの特典がございます。お申込み時に「会員登録希望」とお書き添え下さい。主催者より会員登録完了の連絡を差し上げます。(既に会員である方は自動的に会員価格となります)
  受講申込要領
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社 

 ※請求書、受講票等は、サイエンス&テクノロジーより送付いたします。

講師  東海大学 教授  森本雅之 氏 (今年4月に退職予定。4月以降は同学 非常勤講師)
【プロフィール】
 1977-2005 三菱重工業(株)においてモータ、パワーエレクトロニクスの研究開発に従事
 1994-2004 名古屋工業大学 非常勤講師
 2005-2018 東海大学 電気電子工学科
受講対象 自動車関連企業、電機メーカの若手技術者
得られる
知識
・PCUについて理解できる力
・自動車用パワーエレクトロニクスの特異性
・モータ制御の概要
・DCDCコンバータの原理
趣旨  英仏が2040年からディーゼル車とガソリン車を販売禁止することを決め、中国政府も同様の措置を検討している等、世界的に電気自動車の普及機運が盛り上がっている。それに伴い、電気自動車の研究開発が活性化している。パワーコントロールユニット(PCU)はインバータやDCDCコンバータ等で構成され、電動車両における電力の変換を行い、電費に直接影響する、いわばエンジンに相当する最も重要なコンポーネントである。
 そうした状況を踏まえて、本セミナーでは、PCUの役割、構成、小型化・高出力化等に向けた技術動向やPCUの主要な技術であるインバータをはじめとする自動車用パワーエレクトロニクスの概要、技術動向を紹介する。電気自動車やハイブリッドカーに関連した研究開発に携わる技術者にとって一つの指針となるようなセミナーにすることを目標にしている。
プログラム 1 EV・HVの動向
 1.1 EV・HVをとりまく環境
 1.2 生産動向
 1.3 PHV・FCVの出現
 1.4 自動車用パワーエレクトロニクス
2 EV・HVのパワートレーン
 2.1 EV・HVの構成
 2.2 ハイブリッドシステム
 2.3 PHVの概要
 2.4 FCVの概要
3 PCU
 3.1 PCUの機能
 3.2 電力変換回路
 3.3 インダクタンス
 3.4 キャパシタンス
 3.5 各社のPCUの概要
4 自動車用インバータの技術
 4.1 インバータ回路
 4.2 信頼性
 4.3 損失と冷却
 4.4 インバータ制御
 4.5 EMC
5 インバータによるモータ制御の技術
 5.1 PMモータの制御
 5.2 弱め磁束制御
 5.3 高効率制御
6 駆動モータの技術動向
 6.1 可変界磁
 6.2 巻線切り替え
 6.3 小型化
7 DCDCコンバータの技術
 7.1 昇圧コンバータ
 7.2 低圧用コンバータ
 7.3 インターリーブ
8 PCUの冷却
 8.1 発熱メカニズム
 8.2 空冷と水冷
 8.3 冷却構造
 8.4 両面冷却デバイス
9 パワーデバイス
 9.1 チップ
 9.2 FET
10 自動運転への対応
 10.1 自動運転のレベル
 10.2 運転支援システム
 10.3 PCUとしての対応
11 今後の動向と将来展望
 11.1 48Vシステムの動向
 11.2 ワイドバンドギャップ半導体
 11.3 PHV
□ 質疑応答 □