1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料 59,000円(税別)/1口 が格安となります。


『機械系技術者への
 電気・電子回路入門講座(演習付)』
 


〜豊富な写真や図解、演習で分かり易く解説〜


 S190918A



開催日時:2019年9月18日(水)10:30-16:30

会  場:オーム ビル(千代田区神田錦町)

受 講 料:1人様受講の場合 47,000円[税別]/1名

     1口でお申込の場合 59,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)


新宣伝セミナー日程表


 講 師

 

 芳野保久(よしのやすひさ) 氏 

   株式会社ワールドテック

 <略歴>  1977年 株式会社デンソー(当時、日本電装梶j入社。ADAS 先進運転支援システム(Advanced driver-assistance systems)開発に従事。
 1990年 アメリカへ出向。ITS 調査、開発に従事。
 1995年 日本に帰任。量産ナビ設計に従事。
 2003年 ナビ品質保証に従事。
 2013年 デンソー定年。再雇用(嘱託)にてドラレコ品質保証に従事。
 2018年 デンソー退社。ワールドテックに入社し、今日に至る。

 セミナーの概要

 

 「見えない電気は敷居が高い」、と思われている機械系技術者の皆様に、1日の研修で電気の基礎からトランジスタやオペアンプの設計まで、豊富な写真や図解、演習で分かり易く解説します。
 本研修では、電気とは何か?から始め、抵抗・コンデンサ・コイル等の受動素子、ダイオード・トランジスタ等の能動素子、デジタル・アナログ IC、オプトエレクトロニクス素子、パワードライバ、及びこれらを用いた回路等について解説します。また、技術の現場でよく使われる、各種専門用語の意味や、カラーコードの読み方、チップ部品の呼び方、IC パッケージの呼び方、プリント基板の種類や構造など、機械系技術者の皆さんには馴染みの薄い、電気電子特有の情報についても分かり易く解説します。最近、話題の光ファイバ通信や携帯通信についても触れています。

 講義項目

 

 第1章 電気・電子回路の基礎知識

  1.1 人類と電気との関わり
  1.2 静電気と動電気
  1.3 電気の流れる仕組み
  1.4 直流と交流
  1.5 オームの法則(直流、交流)
  1.6 キルヒホッフの法則
 
<演習>ホイートストンブリッジ回路にお ける計算(オームの法則、キルヒホッフの法則使用)…電卓は不要です
  1.7 鳳−テブナンの定理
  1.8 電磁と磁気の関係
  1.9 電波
  1.10 電気の働き
  1.11 電気回路と電子回路の違い
  1.12 電気の測定器

 第2章 電気・電子部品の基礎知識

  2.1 電子部品の使い方
  2.2 抵抗、コンデンサ、コイル、トランス
  2.3 ダイオードとトランジスタ
  2.4 アナログICとデジタルIC
 
<演習>AND、OR、NOT ゲートを使用した簡単なロジック回路設計
  2.5 オプトエレクトロニクス部品
  2.6 発振素子とフィルタ素子
  2.7 コネクタとソケット
  2.8 リレーとスイッチ
  2.9 プリント基板
  2.10 閑話;通信
 
<演習>抵抗のカラーコード、チップの抵抗値、ICのパッケージの種類、プリント版の構造に関するテスト問題の解答

 第3章 設計の基礎

  3.1 トランジスタ回路の設計法
  3.2 オペアンプ回路の設計法
  3.3 デジタル回路の設計法
  3.4 電源回路の設計法


 第4章 実際の回路例

  4.1 仕様書の見方
  4.2 パワードライバ、パワトラ、FET
  4.3 増幅、判別回路
  4.4 モータードライバ




 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領  セミナー 総合日程 新宣伝 セミナー日程