1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料 56,000円(税別)/1口 が格安となります。

  

『コンピュテーショナルフォトグラフィ
 :ライトフィールド最前線〜その取得と信号処理〜』




 S180525A



 

開催日時:2018年5月25日(金)11:00-16:00

会  場:オーム ビル(千代田区神田錦町)

受 講 料:1人様受講の場合 45,000円[税別]/1名

     1口でお申込の場合 56,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)


画像認識セミナー日程表  新宣伝セミナー日程表

 講 師

 久保田 彰(くぼたあきら) 氏
  中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 准教授(博士(工学))

 <経歴>  1997年 大分大学 工学部 電気電子工学科 卒業.
1999年 東京大学大学院 工学系研究科 電子情報工学専攻 修士課程了.
2002年 東京大学大学院 工学系研究科 電子情報工学専攻 博士課程了.
 日本学術振興会ポストドクター研究員、カーネギーメロン大学訪問研究員、神奈川大学ポストドクター研究員、東京工業大学大学院総合理工学研究科助手を経て、
2009年 中央大学 理工学部 助教.
2011年 中央大学 理工学部 准教授.
 現在に至る.
 <研究、所属学会>  画像復元、コンピュテーショナルフォトグラフィ、画像符号化などの研究に従事.電子情報通信学会、映像情報メディア学会、IEEEに所属.
 <主な受賞>  2012年9月 IEEE MMSP'12 Top 10% paper award
2012年5月 映像情報メディア学会 平成23年度丹羽高柳賞論文賞
2011年10月 Top 10% paper award in MMSP'11
2011年10月 画像符号化シンポジウム ベストポスター賞

 セミナーの概要

 

 コンピュテーショナルフォトグラフィでは,その入力としてライトフィールドを用いる.ライトフィールドに関する研究は90年代初め頃から行われ,画像処理,コンピュータビジョンおよびコンピュータグラフィックスの分野で四半世紀にわたり注目を集めてきた.
 本講義では,ライトフィールドの基礎的内容を再度振り返りつつ,最新のライトフィールドに関する研究例を概観する.その中で,ライトフィールドの取得,その画像合成/再構成への応用のための信号処理について紹介する.

 

 講義項目

 1 ライトフィールドの基礎

  1.1 光線の関数
  1.2 4次元光線空間
  1.3 光線のサンプリング
  1.4 光線のフーリエ解析

 2 ライトフィールドの取得

  2.1 カメラアレイ
  2.2 レンズアレイ
  2.3 符号化開口
  2.4 フォーカルスイープ
  2.5 フォーカルスタック

 3 画像の再構成と合成

  3.1 自由視点画像の合成
  3.2 ディジタルリフォーカス
  3.3 超解像
  3.4 奥行推定



 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領  セミナー 総合日程 画像認識 セミナー日程 新宣伝 セミナー日程